千葉県佐倉市の日本キリスト教団 ユーカリが丘教会HPです

教会の歩みと将来に向って
≪これまでの教会の歩み≫
1978年5月、志津角栄団地の借家で開拓伝道を始め、1980年11月に志津伝道所を開設しました。その後信徒数も増え、現在地に移転し、1997年11月ユーカリが丘教会に名称を変更しました。2000年11月に教会堂を新築し、2008年11月には創立30周年を迎え、2014年2月には宗教法人格を取得しました。
この間、イエス・キリストの福音を宣べ伝え、併せて社会福祉法人恵泉福祉会と連携して、地域の保育事業や放課後児童健全育成事業に関わってきました。また地元の千葉英和高校生徒の受け入れ教会として、高校生の宗教教育の一端を担ってきました。
また新しい教会堂のもとに教会の態勢も整い、教会員の信仰による喜びも増し加えられ、現在教会員60名を超す規模に発展できました。これはすべて神の御業であり恵みによるものと感謝いたしております。

≪将来に向って≫
今日、私たちを取り巻く社会環境は厳しく、さまざまな課題を抱えております。その中にあって、私たちは佐倉の地において、将来に向かって次のような教会づくりをしたいと願っております。
1.聖日礼拝を重んじ、信仰に拠って生きる力や希望が与えられる教会
2.子どもから大人まで老いも若きも、交わりを大切にする家族としての 教会
3. 地域の人々と連携して、地域社会や時代の今日的課題を担っていく教会
4.平和を愛し祈り求め、共生社会をつくりだす教会